Home>パソコンお役立ち>IMEお役立ち集>郵便番号辞書を常時使う設定に変更する[IME2003・2002]

IMEの郵便番号辞書を常時使う設定に変更する〔IME2003・2002編〕
IME Version: imeV15 IME2012 IME2010 IME2007 IMEver10 IME2003 IME2002 IME2000 IME98
◆ 初期設定のままでは、IMEの郵便番号→住所変換は、[般](一般)モードのままでは動作しません。

[般](一般)のままでは郵便番号から住所に変換されない。

  [般]を[名](人名/地名)に切り替えてから使うことになります。

[般]を[名](人名/地名)に切り替えてから使うと、
郵便番号が住所に変換される
◆ そこで、郵便番号辞書を[般](一般)のままでも使えるようにIMEの設定を変えましょう。
〔1〕 IMEツールバーの[ツール]ボタンをクリック→[プロパティ]をクリックして「IMEのプロパティ」ダイアログボックスを呼び出します。

IMEツールバーの[ツール]ボタンをクリック→[プロパティ]をクリック

〔2〕 [辞書/学習]タブをクリック → システム辞書(Y)中の□IME郵便番号辞書のチェックをクリックしてはっきりした黒のチェックに変更 → リスト下の「この辞書を使う変換モード」が「一般 人名/地名 話し言葉優先」になっているのを確認して → [ OK ]をクリックします。

[辞書/学習]タブクリック → □IME郵便番号辞書のチェックをクリックしてはっきりした黒のチェックに変更 → 「この辞書を使う変換モード」が「一般 人名/地名 話し言葉優先」になっているのを確認して → [ OK ]をクリック
◆ これで、[般](一般)モードのままでも郵便番号辞書が有効になり、郵便番号→住所変換が使えるようになります。

[般](一般)モードのままで郵便番号→住所変換が使える

↑ページトップへ
Copyright(c) Ufuidotnet, 2003〜2013, all rights reserved. IME郵便番号辞書を常時使う設定(IME2002・2003)counter