パソコンのコンビニ うふい のサポートブログです。パソコン、タブレット、スマホに関するサポート話題を発信しています。困っているときはお互いさま、お役に立てれば幸いです。

記事一覧

不良品のキーボードだった

NECのノートPC LaVie LS350/F のキーボードの5、7、0、F8、スペース のキーが使えないので、キーボードユニットを交換することにしました。

NECのメーカー修理に出すと17,000円~20,000円かかります。
はっきり言って法外に高いですよね。
純正部品とはいえ、1,500円するかしないかの部品を交換してこの修理費はね~。

最近はネットで大概の部品は入手できるので、探すことにしました。
PCが白なので、白のキーボードを探すと1店だけありました。
個人で販売している店なのでちょっと引っ掛かったのですが、注文しました。

対応は早く2日で到着するも、物を見ると裏側のアルミプレートが傷だらけ。
嫌な予感が。
やはり、エラーが出る不良品でした。

店に連絡を入れると、すぐにもう一つ送ってくれました。
今朝(3/20)届きましたが、またまた裏側が傷だらけ。
またか。
やはり、エラーが出る不良品でした。
↓こんなです。↓

返品・返金で対応するよう申し入れました。
検査でハネられた部品を仕入れて売っているようです。

やれやれ困った店もあるものです。

※この記事は、うふい's LIFE(旧Blog) からの転載です。

Canon PIXUS MG7130の紙詰まり

★プリンタ(Canon PIXUS MG7130)の紙詰まり修理をしました。
ファイル 9-1.jpg
フロントとリヤのカバーを開け、見える紙をすべて取り除きました。
が、紙詰まりエラーの表示が消えません。

電源をOFFにして、再度ONにすると内部のローラーが回りますが、どうもこすっている音がします。
前からも後ろからも見えないところに詰まっているようです。
何度かOFF、ONでローラーを回転させましたが、一向に出てきません。

そこで、ONにしたときに、はがきぐらいの厚紙を背面から挿入、排紙させます。
OFFにしてもう一度、3度目ぐらいに厚紙に連れ動きして排紙されました。
完全に排紙されずに見えるところでグチャグチャっとなりましたが、取り出せるところまで出てきたので、慎重に取り除きました。

再度OFF、ONしてからテストプリントを出して印字状態を確認。
無事復旧しました。

動作音をよく聞くことが大切ですね。

※この記事は、うふい's LIFE(旧Blog) からの転載です。

ディスプレイのハングアップ

▼「画面が真っ黒でコンピュータが動かなくなった!」というお電話をいただき、確認用のディスプレイ持参でサポートに伺いました。

▼PCのSWを入れると、“ヒュー”とHDDの回る音がして起動しました。
でも、ディスプレイは真っ暗なまま、電源ランプの点灯も変わらない。

▼持ち込んだディスプレイにつなぎ替えてみると、やはりPCはちゃんと起動していました。
・・・診断結果1>PCは大丈夫。

▼ディスプレイのSWを押しても電源が切れない。
もしやと思い、電源コードを挿しなおしてみると・・・
電源SWも生き返った。
それではと、PCにつないでみると、
きれいに映し出されました。
・・・診断結果2>ディスプレイはハングアップしていた。

▼珍しいことですが、ディスプレイのハングアップでした。
聞くと、最近PCの動きがとても遅いので、電源SWでプッツンをやっていたとのこと。
なるほどね~。
こんなところに影響が出たのでしょうね。

▼ディスプレイにもメモリが組み込まれ、ソフトによって制御されています。
ソフトの動作がおかしくなると=ハングアップするんですね。
トラブルが起きたときには、とりあえずコンセントの挿しなおしで再起動が基本です。
基本は大切ですね。


※この記事は、うふい's LIFE(旧Blog) からの転載です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ


Lastupdate:
AccessTotal access  PV:page counter

うふいTOP  ブログTOP  個人情報の取り扱い  RSS  スタッフ専用