パソコンのコンビニ うふい のサポートブログです。パソコン、タブレット、スマホに関するサポート話題を発信しています。困っているときはお互いさま、お役に立てれば幸いです。

記事一覧

GW明けに令和表示対応でバタバタしないために

★今週末にはGWに突入します。
と同時にGW中に「平成」から「令和」に変わります。
PCの面倒を見ている方々にとっては、GW明けに平成31年5月7日が表示されると問い合わせが殺到しそうです。
ぜひともGWに入る前に令和1年5月7日の表示に変わることを確認しておきたいところです。

Windowsのシステム変更について、Microsoftの対応は完了しております。
が、表示変更が実施されるのは5月1日になっていて、4月中に例えば、Excelのセルに5/1と入れて表示形式を和号の長い形式に変えても「平成31年5月1日」が表示され、「令和1年5月1日」の表示にはなってくれません。

MicrosoftのOffice製品の元号に関する対応については↓こちらで公開されております。
日本の新元号に関するOfficeの更新プログラム

4月の月例アップデート(4/10リリース)で対応の更新が済んでいます。
従って、通常にMicrosoftのアップデートを有効にしていれば、すでに更新されているということです。

対応が済んでいるのに表示が変わらないのは、レジストリに令和のデータが追加されていないためです。
5月1日以降にレジストリ追加の更新がされることになるのだと思いますが、PC担当としてはGW前に確認しておきたいところです。
なので、以下の要領でレジストリに令和を追加するとOKです。

★レジストリに「令和」を追加する手順
1.レジストリ エディタを起動します。
(1) スタートボタンから、
(2) 「Windows システムツール」を開き、
(3) 「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
ファイル 30-1.jpg

 「ファイル名をして実行」ダイアログボックスが出たら、
(5) 「名前(O):」ボックスに regedit と入力し、
(6) [OK]ボタンをクリックします。
ファイル 30-2.jpg

2.レジストリエディタが起動したら、レジストリに「令和」を追加します。
(1) フォルダーツリー(左側)を以下の順に開き、 Eras をクリックします。
ファイル 30-3.jpg

(2) 右側で右クリックして、[新規(N)]→[文字列値(S)]をクリックします。
ファイル 30-4.jpg

(3) 2019 05 01(すべて半角で、2019スペース05スペース01)を入力し、[Enter]を押します。
ファイル 30-5.jpg

(4) 入力した「2019 05 01」の上で右クリックし、[修正(M)...]をクリックします。
ファイル 30-6.jpg

(5) 「文字列の編集」ダイアログボックスの「値のデータ(V):」ボックスに  令和_令_Reiwa_R  を入力し、
(6) [OK]ボタンをクリックします。
ファイル 30-7.jpg
  このようになります。
  名前 2019 05 01 にデータ 令和_令_Reiwa_R が追加されたのを確認してください。
ファイル 30-8.jpg

(7) レジストリエディタを終了します。
 [ファイル(F)]→[レジストリエディターの終了(X)]([×]でもOK)
ファイル 30-9.jpg
 ※レジストリは自動的に保存されます。

★レジストリに令和を追加することにより、すぐに「令和1年5月1日」の表示に切り替えることができます。Windowsの再起動も必要ありません。正常にPCを終了することにより、レジストリはきちんと保存されます。
なお、この対応ができるのは、Windows7以降です。Windows Vista以前のPCはMicrosoftのサポートが切れていますので、対応されません。
また、Windows7以降でも、サービスパックの適用、月例アップデートの適用がされていないとレジストリに追加しただけでは正しく表示されない可能性があります。

レジストリ追加要領印刷用(PDF)


にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ さいたま(市)情報へ

テキストボックスにセルの値を表示させるには

エクセルのテキストボックスは自由に置けるので使っている人も多いと思いますが、テキストボックスの内容自体をセル参照にしたいときもあると思います。

(1) テキストボックス内にセル参照の =b2 と入れても、=b2 が表示されるだけで、B2セルは参照してくれません。

ファイル 26-1.png

■セルの値をテキストボックス内に表示させるには、

(2)テキストボックスを選択し、

(3)数式バーにセル参照の数式(ここでは =B2)を入れ、[Enter]を押します。

(4)テキストボックスがセル参照になり、セルの値(ここではB2セルの文字列)がテキストボックス内に表示されます。

ファイル 26-2.png

B2セルを書き換えると、テキストボックス内も変わります。


にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ さいたま(市)情報へ

Excelリボンの「開発」タブを表示させる

★Excelのマクロ(VBA)を使う方は、リボンに『開発』タブを表示させるといいですね。

ファイル 23-1.jpg

「開発」タブを表示させるには、
1.[ファイル]→[オプション]と進んで「オプション」ダイアログボックスを呼び出し、
2.[リボンのユーザー設定]メニューを選択
3. 右側の「リボンのユーザー設定(B):」の表中の □開発 にチェックを入れ、
4.[OK]を押す。

と表示されます。

ファイル 23-2.jpg

VBAのツールが使えるようになって格段に作業が進めやすくなります。


にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ さいたま(市)情報へ

Windows10無料アップグレードも終了

去年の7月29日から始まったWindows10への無料アップグレード、今日でおしまいになります。

・意識的にWin10へアップグレードした人。なんかわからないけどアップグレードしてしまった人。意識的にアップグレードしなかった人。様々な人がいたと思います。

・Windows8.1からのアップグレードではあまり問題は起こらなかったと思います。TV機能が入ったモデルについてもPCメーカーはきちんと対応したようです。

・Windows8から8.1にアップグレードしたPCをアップグレードした場合、TV機能がなければあまり問題なくWin10へ乗り換えられたように思います。ただし、TV機能が入ったPCは明暗分かれる結果になったようです。PCメーカーのサポートがしっかりされたモデルとそうでないモデルの差とでも言ったらいいのでしょうか。Win8で販売したTV機能付きへの対応は結構切り捨てになったような気がします。使いにくい8.1を使い続けざるを得ない状況に追い込まれたと思います。

・Windows7からのアップグレードは悲喜交々の状況が展開されたと思います。Win10対応のドライバが無く音が出ない、というのは結構発生していたように思います。世の中にWinVistaから7へ乗せ換えて販売された中古PCが多数あり、これらも間違いなくWin10アップグレードへの招待がされたので、更にさまざまな不具合が起こるべくして起きていた状況でした。

・Microsoftのチェックが甘いので「Win10アップグレードの迷惑」が広められた感は否めません。PCメーカーもWin10アップグレード対応に追われた1年だったのではないかと思います。

・これにてWin10アップグレード騒動も終わるので、落ち着いたPCを取り巻く環境へ戻るのではないかと思っていますが、さてこのアップグレード騒動で得をしたのは誰になるのでしょう?

※この記事は、うふい's LIFE(旧Blog) からの転載です。

Windows10のIMEはWindows8/8.1のIME2012と同じ

7月29日から無料アップグレードが始まったWindows10。
8月に入って我がPCの1台をWindows10にアップグレードしてみました。
さて、日本語入力のIMEはどうなっているのかとチェックしたところ、IME言語バーのヘルプからは「バージョン」表示が消え、プロパティも「Microsoft IME の設定」と表示されるのみで、バージョンにつながる情報は表示されない仕様になっていました。

しょうがないので標準辞書の情報を呼び出してみると、バージョンが 15.0.2027.0 となっていて、バージョンは15なんだ、と推測するしかありませんでした。

バージョン15は、Windows8/8.1に付属しているIME2012の内部バージョンと同じです。
Windows10ではIMEのバージョンアップは行われなかったようです。

ならばと、Ufuidotnet IME2012用辞書を追加して使ってみると、
OK、OK、OK、
全く問題なく使えます。
バージョンが同じだから使えて当然なのですが、やはり実際に使ってみて確認をしないとね。

※この記事は、うふい's LIFE(旧Blog) からの転載です。



Lastupdate:
AccessTotal access  PV:page counter

うふいTOP  ブログTOP  個人情報の取り扱い  RSS  スタッフ専用