パソコンのコンビニ うふい のサポートブログです。パソコン、タブレット、スマホに関するサポート話題を発信しています。困っているときはお互いさま、お役に立てれば幸いです。

記事一覧

Acer Aspire 5336 のキーボードを Aspire E1-571-H54D のキーボードに交換

Acer Aspire 5336 は2011年4月発売の法人向けノートパソコンで、個人向けノートパソコンのAspire 5750や5742シリーズをベースに、CPUをceleron-T3500、HDDを250GB、マイクロフォンなし、スピーカー1個などのダウングレードしたと思われるモデルです。
ビジネスモデルの割には、ディスプレイは光沢ディスプレイが採用されています。

このAspire 5336 のキーボード、[Pause] [Ins] [▽] の3個のキートップが欠損、[Ins] キーはベースのフックが折れ、[▽] キーはキートップ押し上げ用のラバーカップもなくなっていたのでキーボードユニットを交換することにしました。

が、発売から9年も経過しているためか、日本語キーボードユニットがオークションで出品されるものはほとんどないようです。
今回は、2013年2月発売の Aspire E1-571-H54D のキーボードへ交換、動作も全く問題なく、無事全部のキーが使えるようになりました。

ファイル 56-1.jpg

5336 のキーボードと E1-571-H54D のキーボードの見た目の違いは、
(1) カーソルキーのメクラキー位置に [€] [$] の専用キーが付いている。
(2) キートップの角が角張っている。
ことぐらいでしょうか。
ファイル 56-2.jpg

キーボードユニットの背面はモデル№シールの記載内容以外は同じ。
当然ですが、キーボードの寸法と取付方法及び接続のためのフラットケーブㇽが同じというのがポイントです。
ファイル 56-3.jpg

キーボードユニットのモデル№シールは当然ちがいます。
Model Noが NSK-ALC0J から NSK-AUF0J に進んでいます。
ファイル 56-4.jpg

Aspire 5336 と同じ時期に販売されていたこれらのモデルはたぶん同じキーボードが搭載されていると思われます。
2011年3月 Aspire 5745DG,5750,5742
2012年1月 Aspire 5750

今回購入・使用したのは、2013年2月の Aspire E1-571-H54D のキーボードですが、
代替品として使えると思われるキーボードを搭載しているモデルはこのあたりでしょう。
2012年6月 Aspire E1-531-H82C/F,E1-531-H82C
2013年2月 Aspire E1-571-H54D,E1-531-H14C



にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ さいたま(市)情報へ

NEC LS150/D の APSETUP フォルダ内のソフトウェアとそのインストーラー

前回 NEC LaVie LS150/D でアプリケーションを引き継いだWindows10アップグレードが出来なかった記事を書きましたが、Windows10にアップグレードした後もインストールされていたアプリケーションソフトを引き続き使いたいという意向はあると思います。

アップグレードでアプリケーションを引き継げなかったことで、「ソフトインストーラー」も使えなくなってしまいます。
Cドライブの APSETUP フォルダをバックアップしておいて、アップグレード後にCドライブに書き戻せば、インストールのためのソフトは準備できます。

APSETUP フォルダの中から使いたいソフトを個々にインストールすれば、ほとんどのアプリケーションは使えます。
使いたいソフトがどのフォルダに入っていて、どのプログラムを起動すればインストールできるのか、一覧表にまとめました。

■ NEC LaVie NS150/D APSETUP フォルダのソフトとそのインストーラー

ソフト名称インストーラーフォルダインストーラー
Adobe Reader Ver9.40AdobeAdobeRdr940_ja.exe
おすすめメニューNaviAtrioSidesetup.exe
彩りの設定AVDm2AVDmInst.msi
おてがるバックアップBOTsetup.exe
Roxio Creator LJ CLJsetup.exe
デジブックブラウザD_bookSetup.exe
デ辞蔵 漢字字典付きDejizoKsetup.exe
ディスプレイの切り替えDispSwSetup.msi
FlashプレイヤーFlashInstall_Flash_Player_10_ActiveX.exe
FlyFolder(フライフォルダー)FlyFolderFfsetup.exe
筆ぐるめFUDEGRMMain\setup.exe
時事通信・家庭の医学igakusetup.exe
パソコンのいろは4iroha4setup.exe
パソコンのいろは4 Office 2010編iroha4_osetup.exe
Java 32bitJRE_32jre-6u22-windows-i586.exe
Java 64bitJRE_64jre-6u22-windows-x64.exe
再セットアップディスク作成ツールmkrcvcdMrSetup.msi
ムービーフォトメニュー 1.2MPMMoviePhotoMenu.msi
バッテリ・リフレッシュ&診断ツールNECBATTsetup.exe
ぱっと観スライドショーNECSlideShowsetup.exe
Office ナビ 2010OFNAVI_x64OfficeNavi_x64_ja-jp.exe
Office ナビ 2010OFNAVI_x86OfficeNavi_x86_ja-jp.exe
ファイナル パソコン引越しPCMoversetup.exe
Luiリモートスクリーン(親機版)PC-RemoterLuiリモートスクリーン(親機版)のインストール.exe
Luiリモートスクリーン(子機版)PC-RemoterLuiリモートスクリーン(子機版)のインストール.exe
らくらく無線スタートEXRakuRakuWREXSetup.exe
Sempre(センプレ)Sempreinstall.exe
テレビNaviガジェットtvnavi-gadgettvgadget_setup.exe
パソらく設定UDWizardsetup.exe
ウィルスバスターVBSetup\setup.exe
Windows Live セットアップWLiveWLSETUP.exe
Yahoo!ツールバーYahooTsetup.exe
Yahoo!ツールバー(64ビット)YahooT64setup.exe



にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ さいたま(市)情報へ

NEC LaVie LS150/D (PC-LS150DS1YB) Windows10アップグレード

NEC LaVie S シリーズ LS150/D(2011年春モデル・Windows7)をWindows10へアップグレードしましたが、このモデル、容易にはWindows10になってくれないようです。
(同じシリーズの2011年秋モデル LS150/FS6B のWindows10アップグレード記事はこちらをご覧ください。
 NEC LaVie LS150/FS6B のWindows10アップグレード

ファイル 54-1.jpg

(1) Windows7はSP1にアップデートされていましたので、Windows Updateを漏れなく適用、セキュリティソフトはアンインストールしてWindows10アップグレードを実行
Windows10の構成29%で作業はストップし、Windows7に戻ってしまいました。

(2) NECの拡張プログラムのいくつかをアンインストールしてWindows10アップグレードを実行も(1)同様、構成処理の29%でストップして、Windows7に戻ってしまいます。
結局NECの拡張プログラムをすべてアンインストールしても同じ結果になりました。
出来れば、ユーザーインストールのアプリケーションを残してアップグレードしたかったのですが、断念せざるを得ない状況となりました。

(3) インストールされているリカバリーデータからリカバリーディスクを作成(HDDを変えて)、リカバリーを実行、出荷時に戻し、SP1を適用したのちWindows10へアップグレードする処理をトライアルしてみました。
結果は、(1)(2)同様でアップグレードできませんでした。

ここまでは、Windows7を起動して、Windows7上からWindows10アップグレードを実行していました。
ひょっとすると、この LS150/D はWindows7上からのアップグレードではWindows10へアップグレードはできないのかもしれません。


(4) 最後の手段として、Windows10アップグレードのインストールディスクでPCを起動し、Windows10へのアップグレード作業を行いました。
HDDは、リカバリーしたWindows7のHDDを使用してでの作業です。
アップグレードですが、クリーンインストールです。
クリーンインストールなので、プロダクトキーの入力が必要になります。この頃のPCにはWindowsのプロダクトキーシールが貼付されているので、Windows7のプロダクトキーを入力します。

この作業で無事Windows10へアップグレードを完了することができました。

ファイル 54-2.jpg

(5) クリーンインストールでWindows10へアップグレードするときには注意することがあります。
・ユーザーデータは、メールデータ、アドレス帳なども含めしっかりバックアップする。
・アップデート後アプリケーションはすべてインストールする必要があるので、その所在、ID、パスワードなどを確認しておく。
・NEC のプレインストールアプリは、アップグレード後に必要なものを手動でインストールすることになるので、Cドライブの APSETUP フォルダをフォルダごとUSBメモリー等にコピーしておく必要がある。
・ クリーンインストールでHDDの構成が変わるので、必ずリカバリーディスクは作成する。
今回はDVD3枚でした。
 【出荷時のHDD構成】
ファイル 54-3.png
 【クリーンインストールによるアップグレード後のHDD構成】
 ※リカバリーデータ領域は無くなってしまう。
ファイル 54-4.png

今回の LS150/D では、クリーンインストールでないとWindows10へアップグレードできないという結果になりました。

LS150/D は2011年春モデル、2011年秋モデルの LS150/F ではWindows10の自動アップグレードでWindows10にアップグレードされてしまったというPCがありました。
同じ2011年のモデルですがこの間でなにか大きな変更があったのでしょう。

なんとかWindows7のサポート切れに間に合わせることが出来ました。


にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ さいたま(市)情報へ

Office2013の電話認証用電話番号が表示されない

ハードディスク交換とリカバリーを行ったため、Microsoft Office Home and Business 2013 を再インストールしました。

マイクロソフトのOffice ダウンロードサイトからダウンロードして、インストール、ライセンス認証でオンライン認証が通らない場合

Microsoft Office ライセンス認証ウィザードには、
「電話によるライセンス認証を行う場合は、以下の手順を実行してください。」
のメッセージが出ます。

[日本   ]を選択しましたが、
なぜか、
「電話によるライセンス認証手続きは、この製品ではサポートされていません。」のメッセージが表示され、電話認証の電話番号が表示されない。

ファイル 53-1.jpg

正規品の再インストールなのになんということか?
調べると、マイクロソフトからこのようなメッセージが出されていました。
不具合があり、2016は対応したが2013以前については対策されていないようです。
『最近の Office のインストールとライセンス認証に関する問題の修正プログラムと解決策』
ファイル 53-2.jpg

「電話によるライセンス認証手続きは、この製品ではサポートされていません。」のメッセージが出てしまった場合には、
以下のページで電話認証用の電話番号を確認して、電話認証を進めてください。
ということになっていました。
ページ内で国を選択すると、その地域での電話ライセンス認証用の電話番号が表示されます。
『Office のライセンス認証を行うと、"電話によるライセンス認証手続きは、この製品ではサポートされていません" というエラーが表示される』
ファイル 53-3.jpg

電話認証の電話番号が分かり、無事ライセンス認証を完了することができました。

こういうバグは勘弁してほしいなぁ~。


にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ さいたま(市)情報へ

NEC VN770/J Windows10アップグレード

長年のお付き合いのあるお客様から『パソコンが数日前から起動しない』ということで伺うと、長い時間がかかった末に起動途中でリセットが掛かるように再起動を繰り返す。

NEC VN770/J(テレビ機能付き)のWindows8をアップグレードすることなく使い続けていたPCですが、遂にハードディスクが壊れた症状と診断しました。
HDDを交換し、併せてWindows10にアップグレードするということでお預かりしました。

ファイル 52-1.jpg

HDDは3TB、Western Degital のグリーンが入っていましたが、ブルーを手配。
ファイル 52-2.jpg

新しいHDDが入荷する間に、旧HDDから出来るだけの読出しを行います。
起動が完了しないので、残念ながらリカバリーディスクは作成できず、購入することになりました。
ファイル 52-3.jpg

HDDが入荷し、リカバリーディスクも揃ったところで新しいHDDでリカバリー。
このモデルの出荷時のWindows8に戻りました。

次に、Windows8.1にアップグレードし、Windows Updateの作業へ移ろうとした矢先、起動が完了しないままリセットが掛かり、再起動。
起動・リセット・再起動を繰り返す状態が発生。
ファイル 52-4.jpg

どうやら、お客様のもとではこれが発生していたことがここで判明しました。
どれくらい起動を繰り返したのかは不明ですが、HDDが壊れるほどの回数が短期間のうちに行われたということでしょう。

このままでは、Windows10へのアップグレードにはたどり着けません。

セーフモードでは起動できることが分かったので、怪しいアプリケーションを順にアンインストールしながら確認することにしました。
作業を通じて分かったことは、
(1) NECで搭載しているテレビ機能アプリ「Smart Vision Scheduler」の常駐を止めると再起動が発生しない
(2) Windows10アップグレード中においても、「Smart Vision」アプリが原因でアップグレードが中止されることも判明
(3)「Smart Vision」関係のアプリをすべてアンインストールして作業を進める
結果、無事Windows10(Ver1909)へのアップグレードが完了しました。
ファイル 52-5.jpg

Windows10アップグレード後、「Smart Vision」アプリをインストールし、NECから出ている同アプリのアップデートも適用すると、問題なく動作することを確認しました。

なんとも不可解なアップグレード作業となりました。


にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ さいたま(市)情報へ



Lastupdate:
AccessTotal access  PV:page counter

うふいTOP  ブログTOP  個人情報の取り扱い  RSS  スタッフ専用