パソコンのコンビニ うふい のサポートブログです。パソコン、タブレット、スマホに関するサポート話題を発信しています。困っているときはお互いさま、お役に立てれば幸いです。

記事一覧

レノボのリカバリソフトにバグ?

レノボのB50-30(Windows8.1)を修理しました。

ことの発端は、付属の無料セキュリティソフトをアンインストール、自身で用意したセキュリティソフトをインストール。ただし、セキュリティソフトを2種類インストールしてしまったことから、Windowsが立ち上がらなくなってしまい、レノボの修理を受けることに。
数日後購入時の状態で戻ってきたB50-30、もう一度初回起動から設定し使うも、今度は10~20分使うと勝手に再起動する症状が発生。
再度、レノボの修理を受けることに。
異状なしとして戻ってきたB50-30は、修理に出す前のままで、勝手に再起動を繰り返すありさま。

ファイル 15-1.png

ここからうふいでの修理ということになりました。
持ち込まれたときは、起動途中で「エラー」表示が出てストップする状態。
たまに起動することがある。

(1)何とかセーフモードでの起動にこぎ着け、コンパネの回復処理を実行。
リカバリーデータからリカバリーを行なうも、リカバリー途中の再起動時にエラーを発してストップ。

(2)またまた何とかセーフモードで起動し、ダメもとでリフレッシュを実行。
リフレッシュ自体は無事完了するも、起動途中でエラーを発し、ストップ。

(3)レノボ独自の「Novo SW」によるリカバリーを実行。
レノボオリジナルのリカバリーメニューが出て、レノボのOne key recovery が実行でき、エラー無でリカバリー完了。
無事起動し、突然再起動する症状も見られない。
Windows Updateを実行しWindowsを最新にする作業の途中でまた動作が不安定なった。

(4)もう一度「Novo SW」を押してリカバリーを実行。
今度はWindows update もすべて完了でき、いくつかのソフトをインストール、不要なソフトをアンインストールなどを行ったが動作が不安定になることもなかった。

Windowsの回復機能からリカバリーするとエラーになるのは、レノボで加えたWindowsの拡張にエラーが潜んでいるのか。
オーナーも何度かリカバリーしたようだが、その時はレノボの電話指導よろしくNovo SWでリカバリーしたそうで、リカバリーにエラーが発生して完了できなかったそうだ。

無事回復できたので、CrystalDiskInfo(http://crystalmark.info/software/CrystalDiskInfo/)を常駐させHDDを監視するようにした。
セクターの代替処理が8セクター発生していた。
レノボの修理報告書も見せていただいたが、ハードディスクのエラーチェックは行われていないようだった。

ファイル 15-2.jpg

リカバリーエラーはエラーセクターの影響があるのかもしれないが、PCの故障ではHDDが一番多いので、ハードディスクのエラーチェックは欠かせない。

代替セクターが増加しないか監視しながら使うことをおすすめした。
お粗末なレノボの修理対応にも?が付く。
なんともオーナーの方には気の毒な事例だ。

※この記事は、うふい's LIFE(旧Blog) からの転載です。

Windows10のIMEはWindows8/8.1のIME2012と同じ

7月29日から無料アップグレードが始まったWindows10。
8月に入って我がPCの1台をWindows10にアップグレードしてみました。
さて、日本語入力のIMEはどうなっているのかとチェックしたところ、IME言語バーのヘルプからは「バージョン」表示が消え、プロパティも「Microsoft IME の設定」と表示されるのみで、バージョンにつながる情報は表示されない仕様になっていました。

しょうがないので標準辞書の情報を呼び出してみると、バージョンが 15.0.2027.0 となっていて、バージョンは15なんだ、と推測するしかありませんでした。

バージョン15は、Windows8/8.1に付属しているIME2012の内部バージョンと同じです。
Windows10ではIMEのバージョンアップは行われなかったようです。

ならばと、Ufuidotnet IME2012用辞書を追加して使ってみると、
OK、OK、OK、
全く問題なく使えます。
バージョンが同じだから使えて当然なのですが、やはり実際に使ってみて確認をしないとね。

※この記事は、うふい's LIFE(旧Blog) からの転載です。

画面のスクロールが止まらない!

■Toshiba REGZA PC(D713/T3JW、Windows8.1)スクロールバーが出る画面を表示すると同時にスクロールが始まり、行き着くところまで止まらない。
Excelは横スクロール。右へ右へ延々とスクロールが続く。
インターネットの画面も出た途端、ページの一番下へ。

■原因不明なので、復元により現象を解消しようとしたら、復元がエラー終了。
「セキュリティソフトが原因で復元が完了できませんでした。エラーコード0x80070005」
というので、セキュリティソフトをアンインストールして復元を実行するも依然としてエラー終了。

■いろいろ調べてみると、0x80070005エラー時は“クリーンブート”で復元を行わないといけないようだ。
“クリーンブート”って、Microsoft製以外のソフトを止めて素っ裸でWindowsを起動するということ。クリーンでもなんでもないです。“必要最小限起動”です。

■で、クリーンブートして現象が確認された3/23以前で一番近い復元ポイント3/20に復元をしました。
なるほど、復元がちゃんと完了できた。
が、現象は解消されず、Excelはするする右へ右へ右へ右へ・・・・・・。
だめか!

■もう一度クリーンブートして次に近い復元ポイント3/11に復元。
(クリーンブートは1回で設定が解除されるのでもう一回設定し直して、です)
無事完了できて、
Excelを起動すると、止まった!止まった!!止まりました!!!
スクロールが止まりました。

■やっと直りました。
ここまで3時間。
原因は不明。
でも、いろいろ調べているとWindows8,8.1ではわけの分からない不具合が多いみたいで、
やっぱ、出来悪いんだな。
Windows10では解消されていることを願うばかりだ。

■Windows8,8.1になってからのセットアップやら、サポートは時間かかるようになった。
7に比べると倍ぐらいかかる感じ?!

※この記事は、うふい's LIFE(旧Blog) からの転載です。

不良品のキーボードだった

NECのノートPC LaVie LS350/F のキーボードの5、7、0、F8、スペース のキーが使えないので、キーボードユニットを交換することにしました。

NECのメーカー修理に出すと17,000円~20,000円かかります。
はっきり言って法外に高いですよね。
純正部品とはいえ、1,500円するかしないかの部品を交換してこの修理費はね~。

最近はネットで大概の部品は入手できるので、探すことにしました。
PCが白なので、白のキーボードを探すと1店だけありました。
個人で販売している店なのでちょっと引っ掛かったのですが、注文しました。

対応は早く2日で到着するも、物を見ると裏側のアルミプレートが傷だらけ。
嫌な予感が。
やはり、エラーが出る不良品でした。

店に連絡を入れると、すぐにもう一つ送ってくれました。
今朝(3/20)届きましたが、またまた裏側が傷だらけ。
またか。
やはり、エラーが出る不良品でした。
↓こんなです。↓

返品・返金で対応するよう申し入れました。
検査でハネられた部品を仕入れて売っているようです。

やれやれ困った店もあるものです。

※この記事は、うふい's LIFE(旧Blog) からの転載です。

Windows8.1アップデート完了の再起動をしないと思わぬ現象が・・・

★Windows8,8.1のアップデートはPC使用中に裏で実行されます。
Win7まではシャットダウン時にシャットダウンが遅れてインストールされていたものです。
Win8ではタブレットPCでの使用のため、使用中に裏でひそかにアップデートがインストールされ、Winの構成作業だけをシャットダウン時に行うように変更されています。
そのためシャットダウン時に「更新して再起動」に誘導されます。
でも、更新して再起動をしないでシャットダウンすることも可能です。
この「更新して再起動」をしないで使い続けていると、弊害がでるようです。

『エクスプローラのドライブ表示が出なくなった!』というので、サポートに伺うと、確かにcドライブ以外のドライブが消えています。
さてどうしましょう?
ということで、本格的に作業を開始する前にPCを再起動。
「Windowsを構成中」が出たので待つことしばし、
再起動したところでもう一度エクスプローラを起動すると、ドライブがぜーんぶ表示され、何の問題もありません。
どうやら、Winアップデート後の構成をパスして使っていたようで、その弊害でドライブが表示されない現象になっていたようです。

あっけない幕切れでした。
Win8のアップデート動作、ご注意ください。

※この記事は、うふい's LIFE(旧Blog) からの転載です。



Lastupdate:
AccessTotal access  PV:page counter

うふいTOP  ブログTOP  個人情報の取り扱い  RSS  スタッフ専用